9
3月

子供が友達にけがをさせたら

私が怒って嘘を追求してばかりいたから、本当のことを言いだせない雰囲気を作っていたんだと反省。
嘘の犯人を探し出すより、ずっと気持ちのいい結末でした。

公園で戦いごっこをしていて相手の子が転んでけがを。
子供はわざとじゃないと言って謝りません。
相手の子供とママに私が謝ればいいのでしょうか?
クマの消し方 老け顔 解消

男の子のパパやママは、とかく頭を下げることが多いものです。
これは腹をくくっておいた方がいいですね。
自分の子供がわざとやったのではないと言っても、まずはけがを負わせてしまったことについて、相手の子供に謝らせましょう。
相手の親に対しても、ママが謝ることを忘れずに。
その時には子供をそばにおいて、ママが謝っているところを見せること。
きっと子供はママのそんな姿を見て、「いけないことをした」と感じるはずです。

遊んでいるうちに起こってしまった怪我は、怪我した方と同様に、やってしまった子供にとってもショックな出来事。
カロリストンPRO 口コミ 効果

13
12月

子供がうまく話せるようになるまでゆっくりと見守りたい

子供が何か言いたそうなのを素早く察知して、ママが話してしまうのはやめましょう。
例えば「あれ」と子供が言った時に、「とってあげようか」「遊びたいのね」「面白いよね」など、すぐにママが言葉を補わず、ちょっと待ってあげること。
子供が名前を呼ばれたのにママが返事をしてしまうのもよくありません。
たとえすぐに返事ができなくても、ママはゆっくりと見守ってあげましょう。
アイキララの口コミ 目の下のクマ

3歳頃になって話したい気持ちがいっぱいの時、まだ言葉が思うように出せないと、どもってしまうことがあります。
こんな時にママが「ちゃんと喋りなさい」とイライラしては、子供はますます緊張して言葉が出なくなってしまいます。
話がよく分からなくても、子供の話したい気持ちを遮断してしまわないで、ゆっくりと聞いてあげましょう。
子供がリラックスして話せる雰囲気を作ることが大切です。

テレビやビデオが好きでしょっちゅう見たがります。
顔の乾燥対策 ヒアルロン酸