13
12月

子供がうまく話せるようになるまでゆっくりと見守りたい

子供が何か言いたそうなのを素早く察知して、ママが話してしまうのはやめましょう。
例えば「あれ」と子供が言った時に、「とってあげようか」「遊びたいのね」「面白いよね」など、すぐにママが言葉を補わず、ちょっと待ってあげること。
子供が名前を呼ばれたのにママが返事をしてしまうのもよくありません。
たとえすぐに返事ができなくても、ママはゆっくりと見守ってあげましょう。
アイキララの口コミ 目の下のクマ

3歳頃になって話したい気持ちがいっぱいの時、まだ言葉が思うように出せないと、どもってしまうことがあります。
こんな時にママが「ちゃんと喋りなさい」とイライラしては、子供はますます緊張して言葉が出なくなってしまいます。
話がよく分からなくても、子供の話したい気持ちを遮断してしまわないで、ゆっくりと聞いてあげましょう。
子供がリラックスして話せる雰囲気を作ることが大切です。

テレビやビデオが好きでしょっちゅう見たがります。
顔の乾燥対策 ヒアルロン酸